富山の脱毛、シミ・ニキビ治療、ほくろ除去は吉本レディースクリニック 美容皮膚科。形成外科専門医 女医が美容に関するあらゆるご相談にご対応しています。

高速・無痛の次世代脱毛機Mediostar NeXT PRO

  • HOME »
  • 高速・無痛の次世代脱毛機Mediostar NeXT PRO

高速・無痛の次世代脱毛機Mediostar NeXT PRO

新理論を利用したMediostar NeXT PRO

MediostarNeXT PRO

「MediostarNeXT PRO」は、従来の脱毛レーザー機とは大きく違う新理論「蓄熱式理論」を利用した次世代型ダイオードレーザーです。

これまで、過去10年以上にわたり、美容医療における脱毛レーザーのスタンダードであり続けた従来の脱毛レーザー機器に比べて大きく進歩した点は、

Mediostar(MDS)は、これまでのレーザー機器よりも

  1. 照射時の痛みが少ない
  2. 高速の照射が可能
  3. 施術後の皮膚の炎症が少ない

ということです。

なぜ、このような事が実現可能となったのでしょう。

照射時の痛みが少ない理由

従来の脱毛レーザー機器は、成長期にある毛の黒い色素に反応する単一波長のレーザー光を照射して毛根を一気に熱破壊する方式だったので、熱破壊された瞬間の衝撃が、人によっては痛みとなって感じ易かったのです。

一方、MDSでは、2種類の波長をうまく組み合わせ、毛根だけではなく、後述します「バルジ領域」と呼ばれる毛を作り出す大本となる部分を、ジワジワと加熱する方式なので、よく言われる「ゴムで弾かれる感じ」などの衝撃を全く感じずに済むのです。

高速の照射が可能な理由

従来の脱毛レーザー機器の主流は、レーザー光1発の照射面積が直径約1.5センチ、照射スピードが約1秒に1発と固定式だったため、物理的にある一定スピード以上に照射速度を上げることはできず、単純に照射面積に応じて時間を要し(例えば10倍の面積であれば10倍の時間がかかる)ました。また、冷却システムが付属してはいますが、毛根を熱破壊した際に生じる皮膚表面の赤みや熱感を軽減させる為に、レーザー照射後に一定の冷却時間を取る必要があったことも、さらに施術時間がかかる要因でした。

一方、MDSは、レーザー光をもっと速いスピードで細かく発射させ、お肌への設置面を術者が高速で滑らせていく方式なので、一発ずつのスピードが固定されていた従来の機器に比べ、格段に照射速度が速くなりました。また、強力な冷却装置が付属している上に、ジワジワと加熱する方式故に、施術後の赤みや熱感が殆ど無く、レーザー照射後の冷却時間が不要となり、より施術時間の短縮が可能となりました。

照射後の皮膚の炎症が少ない理由

従来の脱毛レーザー機器は、スピードは一定でMDSより遅いですが、レーザー光は一瞬にして毛根を破壊するため、短時間に焼き切るような方式だったので、当然、照射直後には皮膚や毛穴が赤くなったり熱感を感じたりといった炎症反応が避けられませんでした。

一方、MDSは、スピードは速いですが、レーザー光自体は最低限の量でジワジワとゆっくりターゲットであるバルジ領域を加熱していくので、皮膚の炎症も最小限に抑えることが可能となりました。

従って、MDSは

  • 従来の脱毛レーザー機での脱毛に痛みを感じていらっしゃった方
  • 短時間での広範囲の脱毛を希望されている方
  • 普段から肌荒れを起こしやすい方

などに、非常におすすめの新世代型レーザーなのです。

 

これまでの医療レーザー脱毛は・・・

毛の黒い色 (メラニン色素)に反応するレーザーを用いて、毛根の一番深い部分を熱で一気に破壊する仕組みで、この熱破壊の瞬間の衝撃が施術中の痛みに繋がったり、レーザー照射後に毛穴の炎症を引き起こし赤みや痒みを生じる原因になったりすることが、唯一の欠点でした。

新しい蓄熱式理論

近年の脱毛症の研究の中で、毛根よりももっと皮膚表面に近い浅い部分に存在する「バルジ領域」と言われる部分にこそ、毛を作り出す元となる細胞が存在し、ここが障害されることが、脱毛症の原因であることがわかってきました。逆に言えば、ここを破壊することこそが脱毛効果に繋がるという理論です。
また、従来のレーザーでは、毛根を一気に「焼き切る」イメージでしたが、新理論では、バルジ領域を時間をかけてジワジワと加熱する(蓄熱する)ことで、より痛みを少なくしつつも脱毛効果を高め、施術後の毛穴の炎症も最小限に抑えることが可能になりました。

 

お問い合わせ・ご予約は今すぐコチラ! TEL 0120-422-013 月/木 10:00~19:00 火/金 10:00~18:30
水/土 10:00~12:30 第2第4土曜日 10:00~17:00
第2第4水曜日 休診

PAGETOP