富山の脱毛・シミ・ニキビ治療・ほくろ除去は吉本レディースクリニック 美容皮膚科。形成外科専門医 女医が美容に関するあらゆるご相談にご対応しています。

「医療レーザー脱毛」と「エステサロンでの脱毛」の違い

  • HOME »
  • 「医療レーザー脱毛」と「エステサロンでの脱毛」の違い

「医療レーザー脱毛」と「エステサロンでの脱毛」の違い

使用する機器の違い

「脱毛」というと、当然皆様は「今後は毛が生えてこなくなること」と認識されていると思いますが、これこそが重要なポイントで、いくら今生えていた毛が一度抜けても、同じ毛穴からまた何ヶ月か後に毛が再生してしまっては「脱毛」の意味はありません。
しかし、今後も同じ毛穴から毛が生えてこないようにする行為、つまり「毛を作れなくする=毛を作る元となる細胞を破壊する」行為は日本の法律では「医療」行為とされ、医療機関でしか行ってはいけない行為である、と厳しく決められています。

レーザーは単一波長を持ち、一瞬にして高いエネルギーをターゲットに集中させることができますが、このように今後毛が生えてこないレベルにまで細胞を破壊できるだけのエネルギーを持つ脱毛機器(レーザー)は医療機関にしか販売が許されていませんし、例え医療機関であったとしても、医師の指示無く看護師のみでレーザーを扱うことも違法行為となります。

一方、エステサロン向けの脱毛機器は似たように見えてもレーザーではありません。
当然といえば当然の話で、このような破壊力抜群の機械を有資格者が常駐していないエステサロンで扱う事に規制があるのです。
エステサロン向けの脱毛機器は、主には光脱毛機器で、レーザーとはまた別の、単一波長ではなく、エネルギー源となる光が分散する方式の機器であり、細胞を破壊するレベルのエネルギーをターゲットに集中させることができません。
但しその分、周囲の組織へのダメージも少ないと言えるので、痛みが少ないなどのメリットはあるでしょう。

脱毛後の肌へのケア

毛を作る細胞を確実に破壊するだけのパワーを加えた場合、毛以外の組織へのダメージはないのでしょうか?
レーザーとは非常に良く出来た機械で、1秒の数百分の1という短時間にターゲットにだけエネルギーを集中させ、ターゲット以外の組織にエネルギーが広がってしまう前に熱が緩和されるという仕組みなので、基本的に皮膚が大きなダメージを負うことはありません。
但し、個人個人の肌質によるレーザーに対する反応の違いというものは存在し、レーザーから受けた衝撃に対する炎症反応(これは誰にでも起こります)が短時間で自然に治まる肌質の方がいる一方で、炎症反応が治まるのに時間がかかったりお薬を使用しないと炎症が治まらない方がいらっしゃるのも事実です。
その際に、ダラダラと時間をかけて治すのか、短期間で治すのか、が今後の肌トラブルに繋がるかどうかの分かれ目になります。
必要に応じて投薬が必要になるケースもあり、当然すぐに対応可能な医療機関で脱毛の施術は受けた方が安全と言えます。

完了までの回数と期間

お肌質にもよりますが、一般的にレーザー脱毛では一旦破壊できたターゲットを再度破壊し直す必要はありません。
そのため、毛の周期を考え合わせると理論上、2〜3ヶ月おきに5〜6回の照射で脱毛が完了すると考えられています。
単純計算すれば、早くて1年程度で終了することになります。

一方エステサロンでの脱毛では、痛みが少ない・安価である等の利点はあれども、そもそも一発で確実にターゲットを破壊することを前提にしていませんので、毛の周期に乗って脱毛を行ったとしても、一回りで完了する訳ではありません。
結果的に一時的に毛が減っても同じ毛穴からまた毛が生えてくる、という現象が起こるので、当然ながら施術回数も増えます。
1回の価格が安価であったとしても、結局トータルでどちらの方の価格が抑えられるのかは終わってみないと判らないことになります。

結論として、安価で痛み少なく脱毛を気軽に体験してみたい、というスタンスであればエステサロンでの脱毛もよいでしょうし、なるべく短期間でより確実に脱毛を完了したい、と考える方には医療レーザー脱毛が向いているでしょう。

皆様のライフスタイルや好みに合わせて、賢く脱毛の施術を選択できるといいですね。

お問い合わせ・ご予約は今すぐコチラ! TEL 0120-422-013 月/木 10:00~19:00 火/金 10:00~18:30
水/土 10:00~12:30 第2第4土曜日 10:00~17:00
第2第4水曜日 休診

PAGETOP